上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
正面から見ると、一瞬、何が何だか分かりませんね(笑)。
20120731001hk.jpg
そう、草っぱらに住む仮面ライダーです(爆)。

*****
今回のオリンピックは、なんだかんだで結構見ている。
選手の人って、あの凄まじいプレッシャーの中で良くベストを尽くせるよな~、と

プレッシャーに激弱な私は、毎日マジ感心しております。
スポンサーサイト

2012.07.31 
夏はぬか漬けでキマリ。
20120724001hk.jpg
毎日、幸せでございます。
苦手なニンジンも、ぬか漬けなら食べられるフシギ。

*****
すっかり更新を忘れてしまっておりましたが、マイぬか床、絶好調です。
仕込みが5/19だったので、かれこれ2ヶ月。
最初は「煎りぬかと塩水を混ぜたもの」だったのが
今では見事に「乳酸菌の声が聞こえるぬか床」に成長しております(嬉)。

やっぱ、出来合いの”変に甘い”漬け物なんて食べられないですよ。
パリッとした歯触り、塩味・酸味のバランスがとれたキリッとした自家製が一番です。

さて、今日は一連のまとめと自分のための覚え書き。
<ぬか床日記 初回はココから>

1.レシピどおりに作ると、1ヶ月以上はオニほどしょっっっっっぱいwので
  塩はもう少し控えて良いかも。
  特に冷蔵庫で作るのであれば、手入れさえすれば腐敗の心配は少ないので
  塩の量は控えてOKかと思う。

2.味が塩味だけでトゲトゲして改まらない場合、ほんの少し米麹を加える。

3.今回の基本ぬか床に入れた薬味は唐辛子と実山椒(生)と昆布。
  昆布を入れるときは、小さく切って入れた方が扱い良い。

4.「風味が良くなる」という説もあるが、ニンニクは入れない方が良い。むしろ入れてはいけない。
  (ニンニク一かけをそのまま加えたが・・・ぬか床の匂いが、なんというか”邪道”になるw)

5.旅行に行くときなど、しばらく手入れ出来ないときは
  漬けてる野菜を全部出して、糠を足してよーーーく混ぜてから
  表面に塩をパッパッパッパッパッと振って冷蔵庫に入れておけば、とりあえず放置6日は大丈夫だった。

6.漬けて美味しい野菜:キュウリ・白瓜・ニンジン・みょうが・セロリ
  セロリ美味すぎ。

7.今のように盛夏で毎日台所が暑いとき 昼間:冷蔵、夜:室温 とすると良い。

*****
このページは、今後ぬか床に関する事を随時書き足していくことにしよう。

2012.07.24 
帰りの飛行機からパチッと。
20120718001hk.jpg

*****
天気はイマイチ残念で、
使い慣れないカメラに振り回されっぱなしだった今回のダイビング。

でもDS、宿のスタッフさん達のおかげで
楽しい時間を過ごすことができました。

久々にダイビングして、
中性浮力だとか、そういうのはすぐに勘が戻ったのだけれど
何て言うか・・・小さいのを探したりする目線や写真に関しては
「あら~~~」ってくらい勘が戻らず
ちょっと困りました。

そして。

マクロは、やり出すとトコトン寄りたくなる! ということを痛感。

テレコン付けなくっちゃ・・・水中もw
がんばろーっと。フフフン。
2012.07.18 
ヤシャハゼさん。水深12m足らずの所にいました。
20120717001hk.jpg
ガイドさん、「ウソーこんな所にヤシャハゼが!」
まさかいると思ってなかったので、大変ラッキーな気分になりました。

日付  :2012/07/10
天気  :くもり
気温  :28℃前後
水温  :27℃
見た魚 :以下。
ダテハゼに寄生しているスミゾメヌキハダウミウシ、ヒトデヤドリエビ、ミナミギンポ、
ベンテンコモンエビ、アナモリチュウコシオリエビ、リュウキュウウミシダエビ、
コマチコシオリエビ、セミホウボウ

*****
さ、泣いても笑っても今回の旅最後のエントリーです。

ハゼに寄生するウミウシ(スミゾメヌキハダウミウシ)を初めて見ました。

20120717002hk.jpg

背びれのトコにくっついて、ハゼのヒレを食べてるらしい。
美味しいのかしら・・・フグやエイのヒレなら解るんだけど(笑)。

ロボコンエビも3個体ほど見たし、
ミナミギンポの笑顔にも癒やされたし、

いやーやっぱり、海の中って良いもんですねぇ!
2012.07.17 
スカシカンテンウミウシ。
つくづく、生き物の命名とは”見たまま”だ、ト思う。
20120716001hk.jpg
うーん、動かないコは撮りやすい(笑)。

日付  :2012/07/10
天気  :くもり時々雨
気温  :28℃前後
水温  :26℃
見た魚 :以下。
超でっかいスジアラ、黄色いフタスジタカノハハゼ、リングアイジョー、ハナヒゲウツボのygと成魚
イソハゼの何か、スカシカンテンウミウシ、カモハラギンポ、ノウメア・ラボウトイ、
超・超・超でっかいウツボ

*****
2日目の2本目は、大小サカナがいーーーっぱいで超楽しかったです。
エントリーして割とすぐに大きなスジアラがどーん!と鎮座しておりまして
(彼ら彼女らは、そのご尊顔のせいか随分イバって見える)
それを発見したガイドさん、スレートに「一番高価いサカナ」と書きニヤリ(笑)。

ふと水中を見上げると、ツバメウオがワラワラと待ってるし
まーステキなことステキなこと。
これでもう少し天気が良くて透明度がヌケていれば・・・(泣)。

そうそう、ここで超でっかいウツボを見ました。
今までウツボは数知れずを見てきたけれど、その中でダントツ一番っす。

太さが成人男子の太腿くらい(!)あるのが、口をぱーくぱーくさせていてごらん。

マジで怖いぞwww。

2012.07.16 
チゴベニハゼ。
逆さになって、根のくぼみの天井にくっついてる状態。
20120715002hk.jpg
こういうのを、ビッチビチに寄って、どアップで撮りたいよね~。

日付  :2012/07/10
天気  :雨だー
気温  :28℃前後
水温  :26℃
見た魚 :以下。
ヨゴレダルマハゼ、バブルコーラルシュリンプ、チゴベニハゼ、ベニハゼ類の何か、
オヨギハゼ、アカスジウミタケハゼ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ

*****
2日目は雨。
とはいえ小雨でかつ空は明るかったので、結構良かったです。

ハゼ類ってカワイイ。
ギンポ類もカワイイ。
カエルウオ類もカワイイ。

小さくて、目が丸っこくて、口元が「笑ってる仕様」のお魚さんたちって
やっぱりカワイイのです。
2012.07.15 
アワハダキモガニ。
こういう、サンゴの隙間に暮らしている子達は大変カワイイのが多いです。
20120715001hk.jpg
でも、このコの名前の由来って「アワハダのキモいカニ」なんだろうか?
それはちょっとカワイソウだよねぇ~。

日付  :2012/07/09
天気  :晴れた!
気温  :30℃前後
水温  :27℃
見た魚 :以下。
アオギハゼ、ホシカザリハゼ、アワハダキモガニ、オオアカホシサンゴガニ
ハタタテシノビハゼ、アオウミガメ

*****
例によってエビ・カニ探しに夢中になって
根に張り付きじっくーーーり見ている最中
”カンカンカン!”とタンクを叩く合図の音が聞こえたので

振り返るとアオウミガメがゆらーっと泳いでいきました。

小さい生き物ばかり探していると、どうしても水中の中層を見るのを忘れがちになります。
ひょっとすると私は過去に
ジンベエやマンボウにも遭遇しているのかもしれません(爆)。

気付いてないだけで・・・。
2012.07.15 
ピグミーシーホースちゃん。らぶりー。
20120714001hk.jpg
ストロボ光が強いんだよ・・・

日付  :2012/07/09
天気  :曇りから晴れに
気温  :30℃前後
水温  :26℃
見た魚 :以下。
ピグミーシーホース、ヒラムシ、コマチコシオリエビ、スケロクウミタケハゼ、パイナップルウミウシ、
アカヒメジ、ガラスハゼもしくはガラスハゼの何かw、ホソウミシダヤドカリ、ウミウシカクレエビ

*****
ピグミーシーが見れて嬉しかった~。
しかもこの子、結構ちっさいのでまたそれが可愛くて。

そして、ここらでやっと水中で落ち着き始めました(恥)。
ただやっぱりカメラ操作・ストロボ操作に結構手間取り
そこは相変わらずバタバタ。

・・・いやなに、撮影の腕が無いだけなんですけどね(笑)。
2012.07.14 
オオモンイザリウオ。
20120711003hk.jpg
イザリウオ類って、小さくてカラフルだと大変カワイイのに・・・
キミってば本当に”いかつい”よねー。

日付  :2012/07/09
天気  :雨から曇りへ
気温  :30℃前後
水温  :26℃
見た魚 :以下。
オレンジ色のシャコ、カンザシヤドカリ、バブルコーラルシュリンプ、ハダカハオコゼ、
オオモンイザリウオ、オトヒメエビ、ベンケイハゼ、サラサエビ、バサラカクレエビ、
イシガキカエルウオ、ヒトスジギンポ、カサイダルマハゼ

*****
1本目、実はD700&ハウジングの進水式。
そして私は、潜るのが1年10ヶ月ぶりの、バリバリブランクダイバー。

緊張しないはずが無い(笑)。

そんな緊張の中、海に入ったは良いが
なぜだろうマスクが水中で超曇るわ、カメラを上手く取り回せないわで
結構バッタバタの1本目でございました。

あと、ターゲットライトが無い! 暗いところでピント合わせられないじゃん!!!
(前使ってたストロボにはターゲットライトが付いていたのですが、
 ストロボも変えたので・・・泣)

「うーん困った調子が狂ったまま戻らないぞどうしようどうしようどうしよう」

・・・こうして1本目は終わったのです。
2012.07.12 

帰ってきた。あーあ。
明日から仕事や(泣)。

2012.07.11 

新大阪駅で電車待ち。

いつも思うのだけど、
いきなり都会過ぎて面食らう(笑)
2012.07.11 

奄美空港。
もうすぐ搭乗。

また来るぞ!
2012.07.11 

みやげも買った。
さぁ帰ろう。
2012.07.11 

美味いよ~!
2012.07.08 

天気はイマイチ。

2012.07.08 

ここからフェリーです。
2012.07.08 

待ち時間が1時間以上。
超ヒマ~なので、鶏飯を食べてきた。
腹が重い(笑)。
2012.07.08 

乗合いバスです。

途中乗換えて、2時間半ほどかかります。
2012.07.08 

奄美到着。

着いて良かったわ~。
2012.07.08 

「奄美 雷雨のため鹿児島で引き返すことがあります」

ちょー待ってや~(泣)
2012.07.08 
かいかいかいかいかいっ
20120707002hk.jpg

あーすっきりしたぜ。
20120707001hk.jpg

*****
えーっと、久々にお出かけしてきます。
お出かけ途中にケータイから更新する予定です。

さぁ、行くのだ!
2年前にマイF90Xがその生涯を終えた(爆)、あの場所へ!

2012.07.07 
20120701001hk.jpg

2週間ほど前の写真です。

雨上がり直後の山に入ったら、
まぁカエルが、しかも豆粒アマガエルではなく、よくよく太ったトノサマガエル&ツチガエルが
そこいら中をビョーーーーンビョーーーンと飛び跳ねておりました。

「殿様」という名が付いてるだけあって
彼ら彼女らは、アマガエルとかと比べると
なかなかに強そうな面構えをしております。

2012.07.01 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。