上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
音楽ネタが続きますが・・・
これ、いいッス。

矢野顕子、忌野清志郎を歌う矢野顕子、忌野清志郎を歌う
(2013/02/06)
矢野顕子

商品詳細を見る

キヨシの楽曲の良さ・ロマンチックさってのが先ず根底にあるんですが
のびのびと、忌野清志郎を「自分自身で」歌い上げるアッコちゃん。
素敵なんです。
天才なんだなぁ、アッコちゃん。
スポンサーサイト

2013.07.01 
最近は写真撮りにも行かず、
休みの日は専らDVD観たりしています。
実は・・・
新しいレンズ買ったんだけど
その、あまりの重さに、ちょっぴり気分が萎えてます(爆)。
ま、気分を盛り上げて、近々また虫撮りに出かけるとしましょう。

さて、めっきり「ロック」という音楽から遠ざかっていた中年wが最近聴いているのがこちら。

ぶっ生き返すぶっ生き返す
(2007/03/14)
マキシマム ザ ホルモン

商品詳細を見る

超興奮して聴いています。

とは言え、なんてゆうか、
やっぱ「ロック」という音楽は、ダサいんですわ。
ロックミュージシャンのファッションセンスと同じで。

変に急にメロディアスになったりするし
聴きながら「あーロックってダサいわー」って思いつつも

コイツは、気持ちいいんです。

衝動の塊。

ちなみに、自宅で深夜、ヘッドホンにして大音響で頭振っていたら
猫ズにガン見されてしまいました。
2013.06.04 
好きだったんですよね。
ピンククラウド。

出会いは18歳の春でした。
『INDEX』聴いて、ブッ飛んだんですよ。

実にワルそうな大人3人がやってる、
日本一格好良かった3ピースバンド。

なんてゆうか、
もうJL&Cを見ることが出来なくなっちゃったってゆうのは
やっぱ寂しい。

The PeriodThe Period
(1994/08/24)
PINK CLOUD

商品詳細を見る


2012.06.05 
同い年シリーズ。

ガンボガンボ
(1997/11/25)
ドクター・ジョン

商品詳細を見る

ニューオリンズの大御所、Dr.Johnの代表作。
かっちょエエですなぁ。
ニューオリンズ音楽、流れるようなピアノ、あのリズム、渋いしわがれ声・・・
いやー、イイっす!

高校3年の頃、「BO GUMBOS」という日本のバンドにハマッてしまい
そこからのつながりで随分聞き込んだもんです。
20代の頃には何度かライブへも行きましたよ。

ライブ百戦錬磨のオッサンの迫力は違いました。

会場の”うねり方”が違う。

ヤングには到底マネの出来ないワザ。

当時はまだヤングだった私は(笑)

「このオッサン、さすが長いこと生きてるだけある・・・」と変な感動をし(爆)

『オッサン達』の底力というのはとてつもないなぁ・・・と思いつつ
気持ちよいユル~いうねりに、
ただ、ただ、気持ちよ~く身を委ね、見事に飲み込まれていった記憶が。

2011.05.03 
最近は写真を全然撮ってないので
ちょいと方向を変えてみましょう。

Talking BookTalking Book
(2000/03/21)
Stevie Wonder

商品詳細を見る

スティービー・ワンダー大好きになったキッカケの1枚だったりします。
『Music of My Mind』から『Songs in the Key of Life』まで持ってますが
その中で一番好きなアルバム。
Music of My Mind の、こう、ウワァ〜ッとした若さと勢いを感じるのも素敵なのですが
TALKING BOOK の落ち着いた、リラックスさ加減がとっても好きなのです。

このアルバム、私と同い年。

それがちょっと嬉しかったりする。
2011.04.27 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。